五反田の賃貸・不動産はヴィダックス>(賃貸)地域から探す>荒川区

荒川区の賃貸物件一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近辺の画像

東京都荒川区エリア情報
23区で3番目に小さい荒川区。
荒川区の由来は北東部を流れている隅田川は、昭和39年まで荒川と呼ばれていて、このことが区名に採用されました。

大正2年に王電(現在の都電荒川線)が開通し、宅地化が進み、また大正3年に鉱泉が発見されたことにより、花街の三業地(料理屋・芸者置屋・待合)としても大いににぎわいを見せていました。(今はありません)
ちなみに、あの有名な「阿部定事件」は、この地区の待合茶屋「満佐喜」でおこったものなんです!知ってましたか?

昭和の初め頃、紙芝居を製作・貸出しをする会社が荒川区にでき、たくさんの紙芝居屋が街のあちらこちらに自転車で現れ、子どもたちに夢と希望を与えていました。「黄金バット」はその中でも有名ですね!

もんじゃ焼といえば月島が有名ですが、荒川区も負けていません。もともと子供達のお菓子として作られたもんじゃ焼き。駄菓子屋さんが多かったこともあり、その名残で今でもたくさんのもんじゃ焼き屋さんがあります。

荒川区で有名な都電は、昭和40年代から急速に増えだした自動車や地下鉄網の発達などで、利用客が減少し、次々に路線が廃止されました。
その中で荒川線は、路線の大部分が車道とは別の専用の軌道を走行する区間が多く、また沿線住民の熱心な存続要請があったことから唯一残ったのです。

東京23区で唯一の区営遊園地のあらかわ遊園もあります。
大正11年に娯楽施設を完備した遊園地として「民営あらかわ遊園地」を開園、第二次世界大戦により一時閉園しましたが、昭和25年「区立あらかわ遊園」として再び開園しました。
「日本一遅いコースター」がキャッチフレーズのコースターがあり、幅広い層の方々が楽しめる遊園地となっております。

また荒川区といえば、金メダリストの北島康介さんの出身地としても有名です。ご実家が精肉店を経営しており、メンチカツがオススメです!

古くからの歴史や下町風情を随所に残す荒川区。皆さんも子供の頃に戻って遊びに行きませんか?

選択中の検索条件

≫さらに細かいエリアに絞って見る。

地域
荒川区
賃料
下限なし~上限なし
面積
下限なし~上限なし
築年数
指定しない
駅徒歩
指定しない
間取り
指定なし
設備条件
指定なし
  • この条件の物件を問い合わせる
  • この条件で地域を変更
  • この条件で沿線から検索

ご希望の条件の物件は見つかりませんでした。下記よりご希望の条件のリクエストをください。

物件リクエスト申込み

検索条件の絞り込み

新着物件

トップへ戻る